2023年の経済成長率は計画の6%を超える可能性 – 国立銀行総裁代理

Natia Turnava, the Acting President of the National Bank of …

ジョージア国立銀行の総裁代理ナティア・トゥルナバ氏は水曜日、今年の国内経済成長率は計画の6%を超える可能性があると述べた。

元経済大臣は報道コメントの中で、成長の「主要な原動力」として投資と対外貿易を挙げ、当局が今年の見通しを5%から6%に上方修正したと付け加えた。

しかし、経済成長は計画値を上回る可能性があると予想している」とトゥルナバ氏は述べ、「国内経済にとって非常にプラスだ」と付け加え、「多くのセクター」の発展を示唆した。

同氏は、国内経済の6%以上の成長は国民の「収入増加」と「高い雇用率」の維持を意味すると指摘した。

しかしトゥルナバ氏は、消費者の高い需要による価格高騰を防ぐために、責任ある政府機関や金融機関に注意を呼び掛けた。

私たちはこれを賢明な金融政策を通じて行っている」と同氏は主張し、成長に対する「健全で強力な」金融セクターの「重要な役割」を称賛した。

同当局者はインフレ率について、消費者バスケットには地元生産品と輸入品の両方が含まれており、輸入品の価格が「重要かつ実質的に決定的な役割」を果たしていると述べた。

同氏は輸入品の価格が過去数カ月で「大幅に下落」したと主張し、政府は今年末までのインフレ率が「予想よりも低い」と予想していると付け加えた。