ジョージア州西部の地滑り被害地域から200人が避難

At least 200 individuals have been evacuated from landslide-…

地元当局は月曜日、ジョージア州西部のグリア地域で先週の大雨、洪水、土砂崩れにより3人が死亡し、地滑り被害地域から少なくとも200人が避難していると発表した。

与党ジョージアン・ドリーム党の関係者らは日曜日に報道陣に対し、救助と清掃作業が進行中であると述べ、被災地域への「最大限の支援」を確保すると約束した。

アルキル・タラクヴァゼ副議会議長は、国民の救出と安全な場所への移送を確保することが「最優先事項」であると述べ、その後の取り組みには必要に応じて代替宿泊施設の提供も含まれると付け加えた。

オズルゲティ市長のアヴタンディル・タラクヴァゼ氏は、災害の影響を受けた地域の重要インフラの復旧の開始を発表し、地滑りや洪水の被害を受けた住民に「すべての必需品」が確保されたと述べた。

同当局者は、地元のインフラや住民が受けた被害については言及を避けたが、その損失は「数百万ラリ」を超えるだろうと指摘し、個人や企業が災害救援や人道活動に参加する可能性があると付け加えた。

与党ジョージアの夢党のイラクリ・コバヒゼ党首は、中央と地方の「すべての責任ある」国家機関が災害救援に関わったと述べた。

与党関係者らは週末に被災地に到着し、地方自治体から情報を受け取り、被災地の様子を視察した。

この地域のランチクティ市長アレクサンドル・サリシュヴィリ氏は、最初の被害を受けて状況は「安定」しており、影響を受けた消費者250人のうち200人に火曜日までに追加電力が復旧すると述べた。

同氏は、市内の357の顧客が依然として天然ガスを利用できない状況にあることを指摘し、供給会社が「今後数日以内に」配送を再開するために「積極的に」取り組んでいると述べた。

災害後にこの地域で収容された3人の遺体のうち2人は未成年だった。